NIKON F80とNIKON U…なんか可哀想。

EOS KissⅢを使ってから、フィルムカメラにちょいはまり。
最近も二台のフィルム一眼が仲間に入ってしまった。

ニコンの雑誌を見てると、1998年発売のF100が格好良くて欲しいのだけど中々ない。
古いものなので保証のないヤフオクは却下、たまに中古屋にあっても値段が高いか、状態が悪くベタベタのもの。

そんななかたまたま見つけたのは、F100の弟分的なNIKON F80S。
2000年発売の比較的新しいもので、スタイルも現代のデジタル一眼に似た形。
値段は激安で千円前半だった。

dsc_2755

状態もベタベタはなく(ちょっとテカリが多いが…)、意外に綺麗なもの。
ちょっとだけ不具合があって、アイピースがなくなっているということ。

スタイルは先ほども書いたが現代の一眼に近く、モードダイヤルの下にレリーズダイヤルがあるのはD7000系で、AE-Lボタンの周りが測光モードダイヤルになってるのはS5Proと同じ。
シャッターボタンのすぐ後ろに露出ボタン、背面左上にBKTボタンがあるのもS5Proと同じ。
前から見てるだけだとデジタル一眼と変わらない。

これは後述のNIKON Uより後に来たので、まだフィルムで実写はしていないがちょっと楽しみ。
フィルムはブログとかに載せるのに、ちょっと時間が必要なのはご愛嬌。
そしてもう一台、NIKON U。

fh000015
※これはEOS KissⅢ+50mm f1.8

スポンサーリンク
レグタングル360

NIKON Uを救い出す。

もう1台はシルバーのNIKON U。
正直これはほとんど知らない機種で、きてからネットで調べた。

ほぼフィルム末期2001年発売のカメラで、ファミリーや女性を狙ったカジュアルカメラ。
正面からの見た目はF80Sと似たようなもの。

これまた何故そんなカメラを入れたかというと、ハードオフのカゴの中にあったから(笑)。
ジャンクコーナーのカゴを覗いていたら、昔のフィルムカメラが可哀想なくらい入っていた。
NIKON U自体は2、3台あってどれも540円。

その中から傷や凹みが少なくて、ミラーやスクリーンも綺麗そうだったのを1台救出。
もちろんジャンクなので動くかは賭、失敗しても540円だからいいかなと。
ちなみにあのカゴの中をいじり回していると、手がベタベタになるから注意。

dsc_2757

持って帰ってきて、すぐに電池を入れて確認すると……こ、こいつ動くぞ(アムロ風)。
賭には一応勝った感じだけど、実際にフィルムを現像するまではなんともわからん。

ベタつきや汚れもあったが、ミューズウエッティーやエタノールなどを駆使して艶艶に。
最後に少量のシリコンスプレーを付ければ、あら不思議サラサラに(笑)。

100均のボタン電池を入れ日付もOK、一番安いISO100の業務用24枚撮フィルムを入れて準備万端。
最近はかなり忙しいので、年の瀬にでもF80Sと一緒に持ち出して、何か撮ってこようかなと。

ただ今もまだF100が気になっていて……なんかニコ爺コレクターまっしぐら(笑)。

dsc_2761
※2台で二千円にいかないくらい……なんか可哀想だよね。

自分みたいにデジタル一眼から写真やカメラにハマった人……フィルム一眼も安くて遊べるからオススメ(笑)。


スポンサーリンク
レグタングル360

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レグタングル360