FUJIFILM XF35mm…F1.4RとF2R…その3。

自分にしては珍しく飽きずにまだ2本を比べている。
そして今回でやっと結果が出たので、片方を手放すことを決めた。

どうにも我慢できずに、フジのXF35mm f1.4Rを再び買ってみた。 もちろんまだXF35mm f2R WRも持っているので、同じメーカーの同じ35mm単焦点が2本あることになる。 前に一度...
ずーっと悩んでいるFUJIFILM 2本の35mm単焦点……XF35mm f1.4RとXF35mm f2R WR。 どちらかを処分することは決めていたが、なかなかどちらも踏ん切りがつかな...

今回は部屋の中で、X-T1のISO1600固定、SSオート、他全て同条件。

ピントは無水エタノールのボトルの“無”の文字。
上段が古XF35mm f1.4
下段が新XF35mm f2

◉絞りf2

何回か他の被写体でも撮ってみて気付いたことは、新f2のほうがほんの少しだけ明るく撮れる。
どちらが適正かはわからないが、本当に若干明るさが違う。
前回の赤ザクの時は床の色は参考にならないと書いたが、よくよく見ると床の色も新f2のほうが少しだけ明るく見える。

スポンサーリンク
レグタングル360

そしてやっと決めた。

今回は他にもちょっとした違いがあった。
それはブログサイズだとあまりわからないと思うが、拡大していくと古f1.4のほうがあきらかに解像している。
確認で何回か被写体を変えて撮ってみても、やはり古f1.4のほうが解像している。

トリミングしてピント部分付近の文字を拡大してみた。
もちろん絞りは同じで、上段が古XF35mm f1.4
下段が新XF35mm f2


最初はピントがズレたのかと思って、何回か撮り直してみたが結果は同じ。
もしかして個体のピンずれかとも思い、左右の文字や違う被写体も何回か見比べてみたが同じ。
古f1.4のほうが解像している。

もちろん自分の持っている2本ではと注釈はつくが、何となく決着がついた。
メリットは新f2のほうが多いし使い易いのだが、やはりそれなりに値段の違いがあったということかな。


※XF35mm f2R WR

なので自分はXF35mm f1.4Rを手元に残すことに決めた。
新f2のほうは雨の日でも使えて便利なんだけどね。
まあXF23mm f2も手元にあるから、雨の日は23mmを使うということで。


※XF35mm f1.4R


スポンサーリンク
レグタングル360

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レグタングル360