FUJIFILM XF35mm…F1.4RとF2R

どうにも我慢できずに、フジのXF35mm f1.4Rを再び買ってみた。
もちろんまだXF35mm f2R WRも持っているので、同じメーカーの同じ35mm単焦点が2本あることになる。

前に一度f1.4も持っていたことがあり、その時は写り云々ではなくてキャップ・フードの使いにくさ、絞りリングの緩緩さに我慢ならず手放した。
このf1.4は結構人気があって、リセールバリューも高く、気に入らなければまた手放せばいいと思い、ネットで中古美品を買った。

今回のf1.4は自分が前に使っていたものとはけっこう違って、意外にカッチリできている。
口こみなどでもフジはレンズ毎の個体差があるらしく、緩いフードもあれば固いものもあるみたい。
今回のはフードもきっちりはまり、絞りリングも適度に抵抗があって緩さは感じない。
それでもf2のリングと比べたらまだ軽いし、キャップのつまみにくさは相変わらずだけど。

同じ距離は2本必要ないので、そのうちどちらかを手放すのは確定なので、少しの間だけ取っ替え引っ替えして使っている。
でも三脚使って条件合わせてとか、写りの比較とかは面倒くさいのでやらないです。
ただ2本使ってみての自分が思ったことを。


※f1.4R

スポンサーリンク
レグタングル360

f1.4のAFは言うほど遅くない。

まず外観からけっこう違うが、これは好みの問題で両方とも悪くないが、フードを付けた姿はf1.4のほうがカッコいいかな。
重さもほぼ同じだが、リングやキャップ、フードなどは、やはりf2のほうがカッチリできている。

AFはf2がインナーフォーカスのステッピングモーターなので速いみたいだが、自分が使っている感じだとそんなに変わらないかなと。
たしかにf1.4は音が大きくて、強引に動かしている感じがするが、言うほどは遅く感じない。
ただ合わせてから動作が終わるまでに、少し微調整みたいな動きが入るので、トータルするとやはり少しだけ長くかかっている。


※f2R

f2は名前の末尾にWRが付いているので、防塵防滴仕様。
これはボディも防塵防滴のX-T1、T2、PRO2と一緒に使う時は重宝するし、逆にX-T20、E2、A3だったら関係ないね。
最短撮影距離は少しだけf1.4のほうが寄れるが、実際はそんなに大差ないかな。

値段はf1.4がf2の1.5倍くらいだが、f1.4は少し前に値上げをし、自分も今回買った中古は前に買った新品よりも高かった。
1.4の明るさだから少し高いのはしょうがないが、今の値段は結構きつい。
まあだから撒き餌的なf2のシリーズを、揃えてきているのかなとも思うが…。


※f1.4R

写りに関してはまだまだ枚数が少ないので、もう少し撮ってから。
ただ前にf1.4を手放した自分はやはりアホだったかなと…。
f1.4は機能や仕様が全然関係ない、“NOKTON” 的な匂いがする。


スポンサーリンク
レグタングル360

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レグタングル360