LX100とX-T1と春の散歩。

スギ花粉が少しだけ収まってきたのか、目の痒みは大分減ってきた。
ただ4月に入ってからはヒノキも飛びはじめ、自分はヒノキも多少アレルギーがあり、鼻水は未だ収まる気配がない。

行事が多く中々遊びに出かけることができないので、子どもと散歩がてら近くの桜を撮ってきた。
正直まだ3分くらいしか咲いてないと思うが、汗ばむくらいの陽気でとても気持ちよかった。


※X-T1+XF35mm f2

Panasonic LX100は使い始めて1ヵ月以上経ったが、実際はまだまだ使いこなしてると言い難い。
標準域ならほぼなんでも撮れる、便利な機種だと思うが、やはりAPSよりも小さなセンサーのためか、曇天などの写りは垢抜けない感じになる。
極端な接写でなければ準マクロ域もこなすが、もう少し望遠域があればなと思うことはある。

ボディが小さいのでホールド性が悪く、指がコントロールリングに触れただけで、距離が動いてしまうのは少しイラつく。
コントロールリングのズーム操作をオフにすればいいのだが、そうなるとズームがシャッターボタン回りだけになるので、それはそれで不便だし。
まあそんな些細なところしか不満がないので、よく出来ているカメラだと改めて思う。


※LX100

ホールド性をあげるための外付けグリップがないので、何種類か出ているボディジャケットを買おうか悩んでいる。
ただX-E2の時にボディジャケットを一回買ったが、結局邪魔くさくなって使わなくなったことがある。
カメラを買って最初はオプションやらも買って付けていくことがあるが、最終的には面倒や邪魔になり、元の吊るしの状態に戻すことが多いかな。

バッテリーグリップも何回か買ったことがあるが、実際に使ったのは1、2回しかない。
カメラがでかくなりすぎて外に持っていくのが恥ずかしくなり、部屋の中でしか装着しなくなる(笑)。


※これは散歩の景色ではないが、秩父の武甲山は格好いい。LX100のインプレッシブアート。

スポンサーリンク
レグタングル360

FUJIの2本の35mmはどちらもいい。

X-T1で使っているフジの2本の35mmは、未だにどちらを残すか決められない。
使えば使うほど両方いいなと思ってしまう(笑)。


※両方ともX-T1+XF35mm f2

前にAFの速さはそんなに変わらないかなと書いたが、使っているとやはりXF35mm f2のほうが速くて使いやすい。
子どものいい瞬間を撮るにはf2のほうが撮りやすいが、その場の空気感や雰囲気が出るのはf1.4かな。

例えるなら、イチロー的で打率3割4分、HR15本の“f2”と、松井的で打率2割5分、HR45本の“f1.4”みたいな感じ。
ね、ファミスタだと両方欲しいでしょ(笑)。

そんな感じでPana LX100と、FUJIの2本の35mmも、もうちょっと使ってみます(笑)。


※いまだゼルダにはまっております。X-T1+XF35mm f1.4。

スポンサーリンク
レグタングル360

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レグタングル360