X-T1は使いやすく、F100は気持ちいい。

今日は子どものサッカーの付き添い。
FUJI X-T1+XF35mm f2とフィルムのNIKON F100+28mm f2.8Dのコンビを持参。
両方とも単焦点なので、サッカーを撮る気はゼロ。
練習試合をしている時に近くをぶらぶらと散歩していた。

最近は望遠レンズを使うことがほとんどなくなっている。
普段も持ち歩かないし、子どものサッカーを撮ることもなくなり、1年に1回の運動会の為に置いてある感じ。
高倍率の便利ズームにでも置き換えるかな。

スポンサーリンク
レグタングル360

X-T1はX-E2よりも断然使いやすい。

最近使い始めたX-T1は使い勝手がいいね。
X-T2が出ているので旧型だけど、S5Proから見たら最新も最新。
写りも色もAFも顔認識もすごい。
ダイヤルの露出操作も意外に便利で、一眼レフよりもこまめに露出を変えている。

あとX-E2の時からなんだけど、富士のボディで意外と気に入っているのが、BKT(ブラケティング)撮影。
フィルムシミュレーションが全部いいのでどれにするか迷う時がある。
そんな時はフィルムシミュレーションBKTすれば、登録してある3種類が一度に摂れるので便利だし、けっこう多用する。

XマウントのレンズはXF35mm f2しか持っていないので、次は広角側に行くか、それとも望遠側に行くか。
一番気になっているのはXF16mm f1.4かな。
ただ広角レンズは上手く使いこなせず今までも散々売り買いしてきたから、手を出す勇気が中々出ない。無難に18-55mmに行っとくかなと。

そして一緒に持っていったF100のファインダーは相変わらずちょい感動する。
この日は28mm f2.8Dを付けていたが、隅々まで明るくて本当に見やすい。
あと妙にグリップの材質の触り心地がいい。

望遠レンズを持っていって、試しにフィルムでサッカーを撮ってみたかった。
でも実際はフィルム1本をすぐに使い切ってしまいそうなので、やらないとは思うが(笑)。
まあF100のボディは触っているだけでも、とても気持ちいい。

そろそろ本当にS5Proを手放すか、それともD750を色々使い勝手がいいD7200にリプレイスするか考え中。


※写真は全部X-T1+XF35mm f2。

スポンサーリンク
レグタングル360

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レグタングル360