勢い余ってDyson V8 Fluffyを買った。

今回はカメラでなくて掃除機、Dyson V8 Fluffyの話。

ここ2年くらいはAmazonで3,000円ちょっとで買ったTWINBIRDのスティック掃除機が思いのほか使いやすかった為、メインの重い掃除機をほとんど使わなくなった。
そのスティック掃除機も最近は吸いが悪くなり、通った後にホコリが落ちていることも。
あとチビが生まれたばかりということもあって、排気の良い掃除機に買い換えることに。

排気の綺麗な掃除機と言ったらやはりダイソン。
ダイソンの現時点の最新機種は“V8”シリーズ。
ただ自分的には掃除機にあんなに高いお金は出したくないと言うのが本音。
なので一つ前の機種『V6 Motorhead』を買うつもりで量販店に行ったら、Dysonのメーカーの方がいたので詳しく“V8”と“V6”の違いを聞いた。

メーカーの人いわく、大きな違い3つ。
音の静かさ………V6は甲高い耳触りな音がする。一緒に走らせるとV8のほうが全然静か。
駆動時間の長さ…通常モードでV6は連続20分、V8は40分だそうです。
ゴミの捨て方……自分はこれが一番違うと感じた。V6は一回下に置きながら、V8は立ったまま捨てられる感じ(飛び散るけど…)。

お店でけっこう長い時間試して、家に帰ってきた時、手元には『V8 Fluffy』が。

V8に決めた後も“Fluffy”か、“Fluffy+”にするかけっこう迷ったが、Fluffy+はパイプ部が濃いグレーで地味な為、派手なオレンジカラーのFluffyにした次第。
ちなみにFluffy+にするとアタッチメントが3種類多くついている。

DSC_0516
※D750+35mm f2D

スポンサーリンク
レグタングル360

カッコよくて使いやすいが重い。

さっそく開封したが、まず見た目の格好良さに感動。
外箱からしてちょっとアップル製品に通じるオシャレ感がある。
必要ないが思わず外箱もとっておきたくなる(笑)。

使った感じは安いスティック掃除機とは比べ物にならないくらいの吸い込み力。少しかけただけでも白いホコリがけっこう吸われていた。
音もその安いスティック掃除機よりも全然静かで排気も臭くない。
トリガー式も使いやすくて、パイプの長さもちょうどいい。

ただけっこう重くてしばらく使ってると腕が痛くなった。女性の方だと長時間はけっこうきついかも。

結果吸い込み力、排気、ゴミ捨て方法などかなり満足しているが、一番気に入ったところはリビングなどに無造作に置いておいてもオシャレに見えるやはり見た目かな(笑)。
まだ買ったばかりなので本格的な使い心地はこれからですが、見た目が一番気に入ったポイントなら“V6”でも大丈夫だったかな(笑)。
壁掛け用の収納ブラケッドに付けるとこれまたカッコイイので、壁にネジで穴を開けてしまうか検討中。

DSC_0520
※D750+18-35mm

●2016/09/06追記
1週間くらい前に初めて、寝室の布団をダイソンで吸ってみて驚いた。
写真を載せるのが憚れるほどのホコリが( ̄▽ ̄;)!!。
それまでは違う掃除機でたまに吸っていたのに、家族全員分の布団をかけたら、ダイソンのゴミ受けがいっぱいになるほどに…。

今までこれに寝ていたのかと思ったらショック。
自分と息子の鼻炎がよくならないはずだと…。

●2018/10/02追記
2年くらい使っているが、いまだに壊れていない。
ただ本体後ろに付いている紫色のフィルターが、掃除しているとすぐに外れて落ちるようになった。
たぶんロックが緩んできたのだと思うが、けっこうイライラする。
あとオレンジ色のパイプが、けっこう傷だらけに。
新しいV10もカッコいいな…。


スポンサーリンク
レグタングル360

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レグタングル360