ストックフォト(Stock Photo)を始めました。

少し時間があいてしまいましたが、久しぶりの更新。
ここ2週間は新しく始めたことに夢中で、毎夜ちょっと忙しかった。

そうです…タイトルにもある通り、今更ながらストックフォトを始めてみました。
そんなことでインスタの更新もほとんど止まっております…。

ストックフォト自体は前から知っていたのだが、中々面倒で腰が重かった。
最近少し落ち込むことが多かったので、思い切ってやってみようかなと思った次第。

ストックフォト(Stock Photo)を知らない人にまず説明すると……有料の写真やイラスト素材のこと。

売る側は写真やイラストを仲介会社に登録、買う側が広告やチラシに使うため、その写真やイラストに使用料を払う。
その使用料の何割かが売る側に入るという仕組み。

何年前に始まったサービスかはよく分からないが、10年以上はたっているのかな。
登録会社自体はたくさんあり、いわゆるトップクリエーターと言われる人はもう何年も続けている人達。
本当に上のほうにいる人たちは月に3桁万円以上稼いでいるらしい。

今から始めるのはもう遅いかもしれないが、登録料とかは全くかからないので、写真が趣味な人はやっても損はないかなと。
でもまあネットには人物写真しか売れないよとも書いてあったりするのだが…。

スポンサーリンク
レグタングル360

自分が使い始めたのは3社。

とりあえず右も左もわからないので、有名そうなところを適当に選んでみた。
最初に選んだのは4社で、PIXTA、iStock、Shutterstock、Adobe Stock。
最後のAdobe Stockに関しては、最初fotoliaにしようと思ったら、fotolia自体がadobeに買収されて新規で登録できなくなっていた。
なのでAdobe Stockに登録するしかなかったのだが。

そしてShutterstockは審査も通りこれからという時に、IDはパスポートじゃないと登録できないと。
登録する時は免許証とも記載されていたので大丈夫かと思ったのだが、日本からだとパスポートが必要とのこと。
そのためだけにとっくに切れているパスポートを更新するのも馬鹿らしいので、Shutterstockは諦めた。

残りのPIXTA、iStockも無事審査が通り、よってAdobe Stockを含めた、合計3社で始めた。
PIXTAは最初の審査がけっこう長く10日くらい、iStockは3日くらいで返事がきた。

まだ始めて2週間と少しだが、3社それぞれ長所短所があり、素材の登録方法を覚えるのも一苦労。

スポンサーリンク
レグタングル360

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レグタングル360